DVDコピーガードの役割とは

DVDコピーガードにはどんな役割があるのでしょうか? - DVDコピーガードとは?

DVDコピーガードとは?

DVDコピーをするのが一般的になってきました。
そのDVDコピーをする時に考えなくてはいけないのが、『コピーガード』です。
DVDがコピーできない原因として考えられるのが、このコピーガードだからです。
今回はそんなコピーガードについて紹介していこうと思います。

DVDのコピーガードとは

コピーガードにはいくつかの種類があります。
『CSS』や『容量偽装』といった種類があり、コピーがきないDVDが合った場合、このコピーガードの処理がされている場合があります。
コピーガードがついているDVDの代表として、レンタルの映画やドラマなどのDVDがあります。
これらの商品はコピーされてしまうと、レンタル業が成り立たなくなってしまうので、きちんとコピーガードの処理がされています。
そのため、市販されていたり、レンタルされているDVDにはコピーガードがされています。
基本的にこれらの商品をコピーするのは犯罪になるので禁止です。

コピーガードの解除

コピーガードを解除するソフトがインターネットで販売されています。
このソフトを上手く活用すれば、市販やレンタルされているDVDのコピーが可能になります。
しかし、日本でコピーガードの解除を行うソフトを起動し、DVDコピーを行うことは犯罪です。
それを現すように、DVDコピーガードを解除するソフトには日本製のものがありません。
ほぼ全てが日本製ではない海外の商品です。
これらの商品を手に入れるのも危険なので行わないようにしましょう。

DVDコピーの利用方法

hrhtrs
DVDコピーは市販やレンタルの画像ではなく、ホームビデオなど個人で楽しむ目的で行うのが基本です。
DVDが普及していなかった頃のものを、DVDにコピーするのです。
この基本を忘れないようにしましょう。
DVDをコピーしたら、再生すると上手く映像が見れなかったり、歪んでしまった……
こんな経験はありませんか?
それはコピーしようとしていたDVDに、DVDコピー防止の設定がされていたのかもしれません。
今回はそんなDVDコピーガードについて説明していきます。

コピーガード信号

DVDコピーを防止する処理として『コピーガード信号』があります。
コピーガード信号とは、市販やレンタルされているDVDを無断でコピーさせないための信号です。
もし、あなたがDVDコピーをしようとしても、この信号があるとコピーができなかったり、映像に歪みや影ができてしまいます。
最近では、デジタル放送にこのコピーガード信号が付加され、コピーできない仕組みが出来上がりつつあります。

コピーガードの種類

コピーガードにはいろいろな種類があります。
その種類は大きくわけて3種類です。
1つ目が『マクロビジョン』と呼ばれる最もよく使われているコピーガード信号です。
この信号を機械が読み取ってしまうと、コピーした画像が暗くなったり、乱れが出てしまいます。
これはコピー元との同調が合わないようにする設定がされているのです。
2つ目に『カラーバースト』と呼ばれるマクロビジョンの一種を紹介します。
これもコピーガードの一種です。
カラーバーストをコピーした映像には、横縞模様が入り、映像として成り立たなくさせるのが特徴です。
最後に『CGMS-A』です。
この信号を受けこむと、著作者の任意で『録画自由』と『一度だけ録画可能』、『録画不可』の選択が可能になります。
デジタル放送などによく組み込まれているコピーガードです。

DVDコピーは個人向け

DVDコピーはホームビデオなど個人向けの映像を楽しむための手段です。
市販やレンタルにはコピーガードがあるので、コピーしないようにしましょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

アーカイブ

DVDコピーガード DVDコピー